本文へスキップ

空調機器サービス専門  確かな技術と真心でライフスタイルを快適に                           特定商取引に基づく表示   個人情報の取り扱い

TEL. 072-874-5081

〒574-0045 大阪府大東市太子田2-7-9


のりむら総合サービス
  



 おかげさまで40年の実績

訪問には地域により出張費用がかかります

ルームエアコンの取り付け
ルームエアコン新規取り付け費用
 機種能力により違います ----- 22,000円(税込み)~  
 ※配管部材4mまで付いています
 ※配管部材が5m以上かかる場合、1mに付き2000円~2,500円(税別)追加
ルームエアコン移設費用
 a)配管部材がそのまま使える場合 ----- 標準工事24,200円(税込み)~ 
 b)配管部材がそのまま使えない場合 ----- 34,000円~(新規部材を使用
  (配管部材)
   ・ペアコイル ---- 1/4"x3/8"& 1/4"x1/2"被覆銅管
   ・制御用線 ---- VVF1,6mm~2mm/3芯
   ・排水ホース ---- 16¢耐熱形ジャバラ
   ・化粧テープ ---- アイボリー色/粘着&非粘着
   ・その他 ---- 防熱材、配管孔スリーブ、穴埋め用パテ
 c)同日施工時、移設先への移動距離が10km以上かかる場合、別途費用:4000円~
  追加費用がかかりますので、ご相談ください
配管化粧カバー(樹脂製)取り付け)
  ・室外側1mあたり2000円~(税別)で、上記1、2、の該当費用に加算
     (色=白、アイボリー、灰、茶、黒から選べます)
  ・室内側:6000円(税別)~ ---- コーナー部3面以内
  エアコン取り付け場所

※ 新規取り付けの印工事は --- 室外機固定台は別途かかります
※ 移設工事の●印工事は、配管部材別途費用
※ 移設工事の▲印工事は、配管部材・室外機固定台は別途費用
※ 公団吊り工事(室外機天井吊り)は、壁・屋根置き工事と同じ費用です。
※ 廃棄処分には、別途 2,500円~4,000円(税別)=リサイクル法除外。
※ 換気機能付きエアコンの場合、別途2,000円~4,000円(税別)がかかります。
※ マンション等のエレバーター付き住宅は、標準工事Aに該当します
















部材付きは、4mまでのペアコイル(2分x3分)電線・ドレンホース付き---------5,6kw用まで
 4m以上は、1mあたり:2000円(税別)の追加費用がかかります。
    ※容量の大きいタイプ(6,3kw~)の部材(ペアコイル:2分x4分)の場合、4m以上は1mあたり
 2500円(税別)の追加費用がかかります。



  設置部材の詳細はこちらから

   移設の場合、配管部材は劣化防止のため、新規部材を使うのが基本です
施工内容 能力 標準工事A 2階標準工事B 壁・屋根置き工事CD&E
新規取り付け  2,8kwまで  ※122,000円(税込み)  ※123,100円(税込み)  ※129,700円(税込み)~
 3,0kw~5,6kwまで  ※125,300円(税込み)   ※128,600円(税込み)   ※131,900円(税込み)
 6,3kw~8,0kwまで  ※2 29,700円(税込み  ※2  33,000円(税込み) ※2 △ 39,600円(税込み)~
取り外し工事  5,6kwまで 7700円(税込み) 8800円(税込み) 15,400円(税込み)
 6,3kw~8,0kwまで 9900円(税込み) 13,200円(税込み) 18,700円(税込み)~
移設工事(配管部材別)  2,2kw~5,6kwまで ●24,200円(税込み ●28,600円(税込み) ▲39,600円(税込み)~
 6,3kw~8,0kwまで ※2 ●30,800円(税込み) ※2 ●38,500円(税込み)  ▲41,800円(税込み)~

 ※1(4mまで配管部材付き)
■部材付きは、4mまでの、ペアーコイル(2分x3分)・電線・ドレンホース付き。---- 5,6kwまで
  4m以上は、1mあたり 2,000円(税別)の追加費用がかかります
※2容量の大きいタイプ(6,3kw~)の部材(ペアーコイル:2分x4分)の場合は、4m以上は、1mあたり
   2,500円(税別) の部材費用がかかります



  



      エアパージの方法
■エアパージとは?
  室内ユニット、配管パイプ内の空気を追い出し、真空にすることをエアパージといいます。
■電動真空ポンプを利用したエアパージ(新品取り付け時・圧縮機にガスが定量時)
  ①二方弁、三方弁のサービスキャップを外す
  ②ゲージマニホールドの低圧側ホースを三方弁サービス口に、真空ポンプに接続する
  ③ゲージマニホールドの低圧バルブを開ける(反時計まわり)
  ④真空ポンプを15分以上、-0,1Mpaになるまで運転する
  ⑤ゲージマニホールドの低圧バルブを閉じる
  ⑥真空ポンプを運転停止する
  ⑦ガス漏れチエックする(ゲージ圧が、-0,1Mpaを保持していること--10分程そのまま)
  ⑧二方弁、三方弁を全開する(反時計回り)
  ⑨運転する。ガス圧・動作確認後ゲージマニホールドのホースを外す
  ⑩サービスキャップを閉める
ポンプダウン。真空引きの方法

 故障修理や製品取り付けなどの内容が判らない場合、訪問見積もりは可能です。
 点検見積もりは、別途費用がかかります
 地域により訪問しての見積もりは、費用がかかりますので、ご理解の上依頼してください
  お問い合わせは:こちらより
  見積もり依頼は:こちらより 訪問出張費用は:こちらより
  お申込みは: こちらから
 次ぺーじへ